最新ニュース

【お取り扱い】うしとらブルワリー様に、梨のビールを作っていただきました!

なんとー!栃木が誇るビール醸造所のうしとらブルワリー様に、梨を使用した期間限定のビールを作っていただきました!梨の王様、幸水を使ったビール・・・その名も・・・「麦の幸水」!下北沢にあるビアバーうしとらさんの壱号店、弐号店にてお取り扱いいただいているとのことです。都内のお客様はどうぞ足をお運びくださいませ〜。

通常はビール原料として使われることのない梨を使用して、並々ならぬ情熱でオリジナルビールを作っていただきました。担当の村瀬様には弊園まで足を運んでいただき、畑の様子や梨作り、園主の思いなどを隅々まで汲み取っていただきました。個性派ビールにかける熱意や苦労なども教えていただきました。そんなプロが作った梨のビール、、、とっても楽しみです!


うしとらブルワリー×Aoi Brewing×阿部梨園のコラボレーションビールです。今回三社のコラボの発端は、村瀬が仲の良いブルワーとビールを作り上げたかったことがきっかけです。現Aoi Brewing、ブルワーの福山康大氏は村瀬が尊敬するビール愛が溢れる漢です。彼はビール醸造に関して勉強熱心、生真面目なイケメンです。元後輩ながら、そんな彼からは多くの刺激を与えられました。まず、コラボビールを醸すに当たって、2人の中には「季節感の感じられるフルーツを使いたい」という共通の意見がありました。
そこで出た答えは「梨」です。どのブルワーも使いたがらない、誰もが「何も無くなるよ」など口に揃えて言う、難易度の高い日本果実。「梨」への挑戦です。

今回使用した梨(幸水)は、梨農家として名高い宇都宮の阿部梨園さんにご提供いただきました。また、今回のチャレンジへ、オーナーの阿部英生さんにはご共感をいただきました。阿部さん曰く、「梨は加工品に不向き」と、加工品への可能性を広げるチャンスは少ないそうです。今回のビールは、フルーツ果汁を感じる白い濁りを帯びています。香りはフェノール香や青リンゴのような香りが強く、複雑な香りが口の中に広がります。ラストはドライなみずみずしい飲み口。梨を醸した結果、独特の香りを持つビールになりました。是非、この挑戦的な「麦の幸水」お試しあれ。

◎日本人の大好きな梨をビールにしてみました。本来、梨は味が薄いため、ビールの材料を足してしまうと梨感が薄まってしまう。。わかっちゃいるが、やっぱり大好きな梨を使ってみたーーーーい!ということで始まった、麦の幸水。瑞々しい飲み口、青リンゴのような香りはそのままに。。。気になっちゃいますよね?!ぜひお試しください。

ビアバーうしとら壱号店
定休日 火曜定休(ランチのみ定休)
営業時間 11:30-16:00、16:00~26:00
住所 東京都世田谷区代田6-3-27 アゼリアハウス1F
電話番号 03-3485-9090
ウェブサイト http://blog.ushitora.jp
ビアバーうしとら弐号店
定休日 月曜日
営業時間 15:00-23:30(火~木、日)、17:00-26:00(金・土)
住所 東京都世田谷区北沢2-9-3 三久ビル2F
電話番号 03-6407-8889
ウェブサイト http://blog.ushitora.jp

書いた人について

Tomohiko Sagawa

Tomohiko Sagawa

阿部梨園の司令塔。代表の右腕。経営管理、企画、PR、デザイン、バックオフィス全てを担当しています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください