最新ニュース

農業ビジネス ベジ vol.22(旧農業ビジネスマガジン)で連載が始まりました!

7月23日に誌名が変わりリニューアルされた『農業ビジネス ベジ vol.22』(旧農業ビジネスマガジン、イカロス出版)にて、阿部梨園の経営改善をテーマにした連載が始まりました。『今日から変われる 農家経営を劇的改善』というタイトルで佐川が執筆しています。書店などにも並んでいますので、ぜひお手にとってご購入いただければ幸いです。

“ベジ”とありますように、野菜に注力した構成になったようですが、農業に関わる人なら誰でも役に立つような情報が多数取り上げられています。今号は「農業xデザイン」の特集もあって、私達にとっても大変参考になりました。

農業ビジネス ベジ(veggie)Vol.22 2018年夏号

『農業ビジネスマガジン』は今号から『農業ビジネス ベジ』に誌名を変更し、リニュ−アルしました。
リニューアル第1号は特集3本立て。さらに、利益が出る農業のために役立つ情報、ヒントになる様々な角度から紹介し、情報量を大幅拡大してパワーアップしています。

【特集1】秋まき野菜の新商品
夏野菜の収穫がピークをすぎると、いよいよ秋冬野菜のシーズンがスタート。種苗会社各社は耐病性や収量、美味しさなど、
野菜のさまざまな可能性を求めて育種に取り組んでおり、今シーズン登場の新品種を中心に、種苗会社一押しの92品種を紹介する。
コラム・新品種に積極的に取り組む榎本農園の品種の選び方や売り方
コラム・精密温度制御コンテナの輸送実験成功! コストは空輸の4分の1。野菜は船で海外に輸出できる

【特集2】そろそろ カッコいい農家ロゴつくりませんか?
ロゴは最強のブランディングツール。ブランドの顔であり生産者の理念の象徴であるロゴは、小さくてもどんなことばより雄弁。
ロゴを作ってブランディングに成功した事例や、ロゴを作るために必要な情報や発注のしかたなど、実用情報も満載。
農家ロゴに実績のあるデザイナーのロゴづくりの考え方や実例も紹介する。

【特集3】こだわりを形にするプレミアムな6次化
手持ちの材料を使い、よくある商品を作るだけでは六次化に未来はない。廃校を利用して農産物や加工品を作るだけでなく、
レストランや宿泊施設まで作って7年で売上を98倍に増やした沖縄県のあいあいファーム、兄が飼養する乳牛で弟がナチュラルチーズを作る北海道の川瀬チーズ工房、
建設業から農業に参入しトマトの加工品を作り、さらにブドウ栽培を始めてワインの委託醸造を本格化する山形県の窪畑ファーム、
いま大ブームの日本ワインを自社ブドウで造りはじめた山梨県のドメーヌ茅ヶ岳、リンゴで造るシードルの輸出を始めたたてしなップルなど、付加価値を高める6次化の例。

巻頭企画
◎インタビュー/トップに聞く:JAL Agriport株式会社 代表取締役 鎌形晶夫――JALはなぜ、農業ビジネスに参入するのか?
◎多摩の農家、赤坂のビルオーナーになる
◎東京都ではじめてグローバルGAPを取得した矢ヶ崎氏に聞く
◎農業ICTに注目すべきこれだけの理由
さらに、今号から農機情報を含め情報ページを大幅拡充。新連載も続々スタート!

書いた人について

Tomohiko Sagawa

Tomohiko Sagawa

阿部梨園の司令塔。代表の右腕。経営管理、企画、PR、デザイン、バックオフィス全てを担当しています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください