最新ニュース

【メディア掲載】下野新聞(11月21日)

11月21日の下野新聞13面に、阿部梨園の梨を用いた、高島屋様のお歳暮ギフト商品について掲載されました。注文も続々入ってきており、嬉しい限りです!

大谷貯蔵の「にっこり」 高島屋のお歳暮カタログに掲載

 日本栄養給食協会(栃木県宇都宮市下岡本町)が宇都宮市大谷町の大谷石採石場跡で熟成貯蔵したナシ「にっこり」が、高島屋のことしのお歳暮用ギフトカタログに掲載された。高島屋のお歳暮商品として「にっこり」が取り扱われるのは初めて。
 同市下荒針町の阿部梨園で収穫した「にっこり」を採石場跡の石室で3週間以上熟成。新鮮さを保ちながら、甘さが強調されたナシとなった。
 日本栄養給食協会は2012年から大谷石採石場跡で、給食用の野菜貯蔵に取り組んできた。同社によると、石室内は気温8〜13度で安定し、湿度85〜98%と多湿なため、青果物の貯蔵に適しているという。
 約5㌔で6480円(送料込み)。配送は11月下旬〜12月下旬。高島屋は12月20日まで申し込みを受け付けている。

書いた人について

Tomohiko Sagawa

Tomohiko Sagawa

阿部梨園の司令塔。代表の右腕。経営管理、企画、PR、デザイン、バックオフィス全てを担当しています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください